ランタンのお手入れ!グローブのスス汚れをオキシクリーンで綺麗にしてみた!

どーも!

ランタンのグローブって、気づくと結構汚れていませんか?

こちら、ちょっと前に200A用にベイルカバーを作った時の写真です。

 

View this post on Instagram

 

けいすけさん(@camping_keisuke)がシェアした投稿


なんか、グローブが薄汚れている!

薄っすら黒っぽく見えます。きっと燃焼の際についたスス汚れではないでしょうか。

見栄えが悪いし、明るさにも影響がありそう。

ま、汚れていて良いことはありません。

 

 

綺麗にしよう!

思い立って、綺麗に掃除する事にしました。

ただ、普通に拭くだけではつまらない。

せっかくなので、オキシクリーンに浸けて綺麗にしてやります!

オキシクリーンはうちの奥さんが愛用しているんですけど、酸素の力で色んな汚れが落ちるというスグレモノの漂白剤です。

家中の色んな汚れに万能な漂白剤らしく、結構人気があるみたいですよ〜。

 

まず、我が家のランタントリオのグローブを外してみました。

左2つが200Aで、右がADJUSTABLE(286A)のグローブです。

外してみると結構ひどい汚れ。

スス汚れが目に見えますね。

グローブが浸る大きさの容器に移し、お湯とオキシクリーンを投入!

 

そして、しばらく浸け置きしておきます。この気泡が酸素の力で汚れを浮かせてくれるハズ!

 

待っている間、他の部分もついでに綺麗にお掃除。虫の死骸とかもたくさん入ってました。

 

3時間くらい浸け置きした後、軽く擦りながら綺麗なお湯で流して完了!

見違えるほど綺麗になりました!ホントはこんなに透明感あったんだ(笑)

 

 

グローブの洗浄完了!

一通りお掃除し終わったので、組み直します。

やっぱり、ランタンはグローブが綺麗だと見た目も良い。

 

キラキラ感が復活しました〜!

 

普段はウェットティッシュで軽く拭いたりするだけだったので、たまには少し手間をかけて綺麗にしてあげるのも大事ですね。

手間を掛けてあげる事で、きっと長持ちしてくれるでしょう。

という事で、今回は一手間掛けてランタンのお掃除をしてみました。

これからもちゃんとお手入れしながら末永く付き合っていきたいと思います!

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

camping_keisuke

北海道で家族3人でキャンプを楽しんでいます。キャンプギアDIY(レザークラフト、木工)、一眼レフカメラ(nikon D5300)も好きです!一応キャンプインストラクター。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です