100均グッズで作ったジャグ台、無事復活!

どーも!

DIY大好き!けいすけです。

そんな私が100均グッズを活用して自作したジャグ台1号。

ジャグ台をDIYしました!(ちょっと失敗編)
事の発端は、クーラーボックスだとかジャグを乗せるおしゃれな台が欲しいなぁ〜と思いながら楽天を眺めていた時の事。 見つけたのがこちらのカステルメルリーノというメーカーの折り畳みチェア。 カステルメルリーノ(Castelmerlino) イタリア製 アウトドア...

 

ジャグを乗せたり、サイドテーブル的な使い方をしたりと、キャンプでは結構使える存在でした。

そのジャグ台、先日のキャンプで息子が座りたがったので、大丈夫だと思って座らせてみたのですが。。。

結果、重さに耐えきれず、竹の板部分が見事に割れ、壊れてしまいました。

 

直そう直そうと思って数ヶ月。思ってはいるけれど、なかなか実行へ移せず(笑)

でも、キャンプに行くと、やっぱり無いと不便なんですよね。

という事で、材料を買って来てこのジャグ台を復活させることにしました!

 

 

材料

今回も、基本的に100均(ダイソー)で材料を揃えます。

買って来たのは、桐まな板

 

と、ステンレス洗濯ピンチ(洗濯バサミ)

 

脚部分とその他の固定金具やネジは、1号の残骸から再利用します。

 

 

制作過程

さて、ジャグ台の制作(修理)に取り掛かりますよ〜!

1.まな板に色を付ける

今回は、自作のテーブルと色を揃えたかったので、ビンテージワックス(ウォルナット)を使って着色する事に。

 

こちらが自作のテーブルです。

キャンプ用ウッドテーブルをDIY!
以前から憧れていたキャンプグッズのDIY。 まず手始めにこんな感じのチェア(ブルーリッジチェアワークス風)を作りたいな〜と考えていました。 BlueRidgeChairWorks ブルーリッジチェアワークス キャラバンチェア Caravan Chair SMBR08WR レッドposted with カ...

 

 

まずは、布などにワックスを適量を取って

 

桐まな板に塗っていきます。

 

満遍なく塗るとこんな感じになります。

 

あまり濃くしたく無かったので1回塗りです。濃く色を付けたい場合は、何回か重ね塗りをすると良いと思います。

1時間くらい乾燥させてから、綺麗な布で乾拭きしたら完成!

 

ビンテージワックスは塗るのも簡単で良い雰囲気が出せるので、なかなかオススメです!

 

 

2.脚を固定する

固定には鉄サドルという金具を使います。

 

これは破損してなかったので、残骸から再利用。もともとは、配管などを固定するための金具だと思われます。

金具2つとネジを使い、こんな感じで脚の片方を固定します。

なんかちょっと曲がったけど、気にせず進めます(笑)

 

3.洗濯バサミを固定する

なぜ洗濯バサミ?って思うかもしれませんが、洗濯バサミなんですよ〜(笑)

先ほど鉄サドルを固定した逆サイドへ洗濯バサミ2つをネジ留めします。

 

だいたいお分かりかと思いますが、広げた脚をこの洗濯バサミに挟んで、固定するんですね〜!

 

 

完成!!

はい出来上がりました〜!!

折り畳んだ状態がこちら。コンパクトにまとまってますね〜。

 

脚を開いて固定するとこんな感じ。

 

洗濯バサミが脚をしっかりと挟みこんでいますね!

ジャグ台2号は、この部分が固定出来ない作りになっています。

 

ここが固定出来ると、持ち上げても脚がバタつかないので、物を乗せたままの移動が楽になるんです!

そんな狙いがあり、今回は洗濯バサミを使いました〜!

桐まな板も良い感じに塗れたと思います!

 

 

 

とりあえず復活!

100均グッズを活用して作るジャグ台、なんとか復活しました!

今回はビンテージワックスを使って色を付けたので、雰囲気も良く出来上がったと思います!

ただ、2号と並べてみると、高さが微妙に違ったー!

 

まぁ、テキトーに作ったので仕方ないでしょう(笑)

 

スタンレーのジャグにも丁度良いサイズ感ですね〜!

 

というわけで、無事復活しました〜!

またキャンプでガンガン使っていきたいと思います!

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です