ランタンの必須アイテム!?ベイルカバーをレザーでDIYしました!

どーも!

レザークラフターキャンパーけいすけです。

レザークラフトをする人=レザークラフターって言うのかはよく分かりませんが、勝手に名乗っておきます(笑)

レザークラフトを始めてから、今まで色々と作ってきました。

ちょっとだけ振り返ってみます。

まず最初に作ったのはスキレットハンドルカバーだったなぁ。

 

そして、キャンプに包丁持っていく時に便利な包丁カバーを作ったり。

 

OD缶カバー。

 

CB缶カバー。

 

SOTOのスライドガスマッチのカバーも作ったり。

 

色々作ってきてまして。

自分はこういうのをコツコツ作るのが好きです。出来上がった時の達成感もあるし。

 

レザークラフト楽しい!!\(^o^)/

 

さて、そんな自分が今回作ってみたのが、「ベイルカバー」です。

 

 

ベイルカバー

「ベイルベイル言ってるけど、そもそもベイルって何?」っていう方もいるかと思います。

自分も最近になってこの名前を知りました。

「ベイル」って言うのは、ランタンに付いている細い金属でできた持ち手のことですね。「ベイルハンドル」とも言うのかな。

ベイルカバーっていうのは、そのベイルを覆うカバーの事です。

このカバー、インスタやツイッターで革を使って作ってる方を見かけていて「なかなか良いかもなぁ〜。いつか作ってみたいなぁ〜。」って前から思ってました。

 

 

制作開始!

ベイル自体が細いので、材料としてはそこまで多くの革は必要ありません。

改めて材料を用意しなくても、そのくらいの革は手元にありました。なので、とりあえず作ってみようと思い立ったわけです。

まず、ベイルのカバーしたい部分の長さを大まかに測って、その大きさに革をカットします。参考までに、自分は13cm×2.5cmにカットしました。

そして、縫っていく穴を菱目打ちであけます。

 

で、こんな感じでベイルを包み込みつつ縫っていきます。

 

赤い200Aに似合うかと思い、赤い糸をチョイスしました。

 

もう少し〜。

 

できたっ!!

 

直線的に縫うだけなので超簡単です。2つ作りましたが、シンプルな作業なのであっという間に難なく完成!

 

こんな感じで出来上がりました〜!

 

 

これ、絶対イイです!

このカバーをつけておくと、金属のベイルが直接タンクに当たるのを防げるので、タンクの塗装剥げや傷を防ぐ効果があります。

それと、見た目も良くなりますが、なにより持った時の感触がすごーくイイ!

金属を持った時のヒンヤリ感がしません。革の温かみがあるさわり心地。

ランタンを持ってるなら、付けておいても良いアイテムだと思います。

材料のカットも長方形で分かりやすいし、制作難易度も高くないので、レザークラフト初心者でも楽勝で作れるハズ!

 

という事で、今回は久しぶりのレザークラフトでベイルカバーを作ってみました!

簡単な割になかなかメリットの感じられるアイテムなので、DIYしてみるのもアリだと思いますよ!

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

camping_keisuke

北海道で家族3人でキャンプを楽しんでいます。キャンプギアDIY(レザークラフト、木工)、一眼レフカメラ(nikon D5300)も好きです!一応キャンプインストラクター。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です