どーも!キャンプオフシーズン中のけいすけです!

キャンプにはしばらく行けませんが、キャンプの事は常に頭の中で考えながら過ごしております。

それがキャンパーですよね。

今、最も楽しみにしているのが、先日オーダーした「フジカハイペット」の到着。

img_2289

キャンプ好きのみなさんどーもです!前回キャンプに行ってから既に1ヶ月以上キャンプに行けていないけいすけです。北海道では天気予報にも雪マークがちらほら出てきています。結構寒いです。「キャンプ行く?」と言っても、妻も息子も「もう寒いじゃん。」と口を揃えます。 (´・ω・`) 雪降ってくるし、今年はもうキャンプは絶望的かも。。。そんな中! 『フジカハイペット』を注文してしまいましたっ!!! 選んだのはブラックの反射板付モデル!  ついに我が家にも憧れのフジカちゃんが!! でも、...

 
10月末に電話して3か月待ちと言われたので、届くのはまだまだ先かと思いますが、実際に使用する時の事を色々想定して、情報収集しているところです。

そこで、フジカハイペットと一緒に用意すると便利なグッズを調査しました!

 

五徳

フジカハイペットは鍋などを乗せて調理ができますが、その際にあると便利なのが五徳です。キャプテンスタッグの「七輪用五徳」がぴったりサイズらしいですね。五徳を使うことで調理時の安定感が増し、本体上部を傷から守ってくれます。

 

 

 

 

収納ケース

持ち運びや保管の際のケースは用意したいところ。フジカハイペットのサイズは幅310mm×奥行310mm×高さ432mm。以下のキャプテンスタッグのボックスは、幅315mm×奥行315mm×高さ490mm。五徳を乗せたまま収納できるサイズ感です。これはシンデレラフィットかも。

 

 
また、スノーピークのレインボー用ストーブバックにも入るみたいですね。こっちの方が見た目カッコイイけど、お値段が。。。

 

 

給油グッズ

フジカハイペットは倒れても燃料漏れしない構造になっていますが、その影響なのか給油口が約2cmと小さく、皆さん給油に苦労している様子です。その難しい給油を簡単にしてくれるのが、コールマンのフューエルファネルです!これが給油口にバッチリフィットするらしく、過給油を防げる構造(自然に止まる)になっているのも助かりますね。

 

 
本当は、286A買った時からこれが欲しかったんです。ホワイトガソリンと灯油で併用しても大丈夫なのかな?そこが問題無ければ、この際買っても良いかもしれません。
灯油をポリタンクから注ぐ時には、タカギのポリカンポンプという給油ポンプが良さげです。ポリタンクの蓋の代わりにこちらのポンプをぴったり取り付け、空気圧で給油する仕組みです。ノズルで給油量が調整できるので給油も簡単そう。amazonのレビューを見ると、注ぎ口は約1.2cmと記載されており、フジカハイペットの小さい給油口にもバッチリ対応できそうです。レビューでもなかなか良い感じの評価でした!

 
アラジンとコラボしたのもありました。値段は少し高いですが、アラジンカラーが渋くてカッコイイ!

 

 

携行缶

連泊などで補給用として灯油を持っていく際には必要になりますよね。フジカハイペット自体のタンクは満タンで4.1リットル。それで10~12時間燃焼できるので、2泊位なら5リッターほど持っていけば十分かと。

この「ゴリッタ」というタンクは、名前の通り5リットル入るのでちょうど良さそうですね。値段もお手頃だし。

 
見た目重視な自分が見た目だけで選ぶならこれ!(ジェリカンという名前?)世界で愛用されている本物仕様らしく、お値段もソコソコしますがオトコマエでかっこいい!!

 

 

一酸化炭素警報機

これは必須アイテムですよね。幕内での火器の使用は命にかかわる場合もありますので、一酸化炭素警報機は必ず用意しておきましょう!

 

 

フジカちゃんの先輩方教えてください!

ネットで情報収集しながら思いついたのはこの位でした。フジカハイペットを愛用しているベテランキャンパーさん達はたくさんいます!
先輩!他にも買ったほうが良いアイテムがあったら教えてください!!(コメントください!)
というわけで、フジカちゃんの到着を待ちわびているけいすけでした!

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly