レザークラフト始めました〜!キャンプギアを自作するのも面白いですよ!

どーも!けいすけです!

以前からずーっとやってみたかったレザークラフト。

やりたいと思ってから数ヶ月。

幸いにも、近くにレザークラフト専門店があったので、勇気を出して行ってみました!

なかなか専門店となると敷居が高い感じがしますよね。

しかし、お店に入ってみるとにこやかに迎えてくれ、これからレザークラフトを始めたい旨伝えると、店員の方も丁寧に教えてくれました。

言われるがまま感はありましたが、買ってきたのがコチラ!

2.5mm間隔の4本菱目打ち

 

縫い針

 

ロウが塗ってある糸

 

穴あけの時に下に敷くゴム板

 

教本

加えて、レザーの端切れを購入。

ようやくスタートラインに立ちました!

 

スキレットハンドルカバー

まず、作りたかったのがスキレットハンドルカバー。形的になんとなく簡単そうだったので、作ることにしました。

 

そして、いきなり完成!!

 

無我夢中で作ったので、写真を撮る事すら忘れていました(笑)

 

工程については、スキレットハンドルの寸法を測り、レザーをいい具合にカットし、菱目打ちで穴を開け、縫う!という感じです。

第1号は、機能的には十分使えるんですけど、縫い目も揃っていないし、おしゃれ感は全く出ませんでした。

 

スキレットハンドルカバーその2

第1号の出来がイマイチだったので、今度は一回り大きいロッジのスキレット用を作ることにしました。

 

そして、こちらもいきなり完成!!(笑)

今度は端を斜めにカットしたり、ちょっと洒落っ気を出してみました。

自分的にかなり進歩した!って思ってます(笑)

 

OD缶カバー

これはレザークラフトを始めたら、絶対作りたかったヤツです。

OD缶はご存知の通り曲面です。平面的ではなく立体的に考えなければなりません。

こういう形が立ち上がるとこうなって、曲面に沿わせて縫うとこうなって、完成がこんな感じに。。。

って考えててもよく分からなかったので、とりあえず現物あわせ的な感じで寸法だけ決めて、もう作っちゃえ〜!!!

って作った結果。

まあまあうまくいきました(笑)

思い切りも大事ですね!

なんとか形になってはいますが、縫い目だとか細々した所がまだまだです。

 

OD缶カバーその2

第1号で良い感じに缶にフィットしていたので、寸法はだいたい合っている!と言うことで、同じ寸法で色違いのカバーを作ってみました!

ここで、曲線をより曲線らしく仕上げたいと思い、2本菱目打ちを追加購入。

 

そして出来上がったのがこちら!

赤と肌色系の皮(ヌメ皮?)のコンビネーション!

前回より丁寧に作ったので、ちょっとだけ進歩しましたよ!

糸も赤でコーディネートして良い感じ!

 

OD缶カバーその3

なんか作るのが楽しくなっちゃって、3つ目を作ることにしました。

今度は真っ黒のカバーを作ってみようと思い立ち、黒い皮を購入。

そして、コバ(皮の切断面)を滑らかにするためにトコノールという仕上げ剤と磨き用帆布を追加購入!

 

前回よりもさらに注意深く丁寧に作業をし、出来上がったのがこちら!

糸は赤を使ったのですが、なんだか邪悪な雰囲気になってしまいました(笑)

コウモリとかドラキュラっぽいなぁ。。。

トコノールと帆布を使って磨いたので、コバはつるつるになりましたが。

我が家の雰囲気にはちょっと合わないような。

 

レザークラフトは楽しい!

道具を買ってから怒涛の勢いで作ってみましたが、本当に作ってて面白いんです!

形になっていく喜びというか、モノを自分の手で産み出す楽しみというか。

小学校で工作しているような気分(笑)

とにかく楽しんで作れるので、今後も続けていきたいと思います!

次は何を作ろうかなぁ~

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です