使い勝手抜群のLEDランタン「ジェントスエクスプローラーSOL-036C」レビュー

どーも!

キャンプしてますか~?けいすけです。

さて、今日は我が家で使っているジェントスのLEDランタン「エクスプローラーSOL-036C」を紹介します。

 

スペック

使用光源:チップタイプ白色LED×4個、チップタイプ暖色LED×4個
明るさ(約):380ルーメン(白色100%点灯)
使用電池:単3形アルカリ電池×6本
エネループ使用可能
点灯時間(約):【白色】14時間(100%点灯)/ 110時間(10%点灯)、【昼白色】24時間(100%点灯)/ 140時間(10%点灯)、【暖色】28時間(100%点灯)/ 150時間(10%点灯)、90時間(キャンドルモード)
保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)
本体サイズ(約):φ73×158mm
本体質量(約):400g(電池含む)
付属品:ハンガーフック、テスト用電池
(GENTOS商品ページより引用)

 

 

良いところ

1、光の色味が3色!(昼白色・白色・暖色)

このランタンを選んだ決め手が暖色系のLEDが搭載されているところ。白色LEDの光よりも優しい暖色系の灯りの方が安らげる感じがして個人的に好きなのです。このランタンには白色と暖色両方のLEDチップが搭載されており、その組み合わせによって3色の光を使い分けられます。

 

2、明るさが調整できる!

3色の色味に加え、それぞれの明るさが無段階で調整できます。また、暖色モードにろうそくの炎のように揺らぐキャンドルモード(光量が強弱する感じ)も装備されています。

 

3、結構明るい!

一番明るい白色モードで380ルーメン。ルーメンについては正直あまり分かりませんが、本気を出すと凄く明るく照らしてくれます!我が家はほとんど暖色モードで使っていますが、それでも不自由しないくらいの明るさです。

 

4、逆さまに吊るせる!

カバー部分を外して底面についているビルトインフックを使うと、下向きの照明器具として使えます。カバーを装着しているときは周り(横方向)を照らす感じですが、逆さまに吊るすと真下を照らせるので、何かと便利です!

カバー部分は反時計回りに回すと簡単に外れます。

 

底面のビルトインフックで引っかけます。

 

5、手に入りやすい単3電池使用!

スーパーやコンビニでも手に入りやすい単3電池を使用しています。電池切れの際にも安心です!

 

5、コンパクト!

350ml缶よりちょっと大きいくらいなので、非常にコンパクト。

 

 

キャンプではこんな感じで使っています

テント内の天井部分に吊るすとこんな感じです。

 

タープのポール部分に引っかけて吊るすとこんな感じ。

どちらも暖色モードで使っています。

写真で見ると明るさが伝わらないかもしれませんが、メインの照明としても十分使える明るさです!

 

 

イマイチなところ

ほぼ不満はありませんが、個人的にはデザインがちょっとそっけないというか、なんというか。。。
無駄のないシンプルな外観ではありますが、もう少しおしゃれ感が欲しいな~って思ってます。
 

点灯シーン

1、昼白色モード

 

2、白色モード

 

3、暖色モード

 

ジェントスさんが点灯シーンの動画を作っていました!

写真よりもイメージはつかみやすいかと思います。

そして、スイッチ部分の光の色で電池交換の時期を教えてくれます。緑はOKで、赤になると交換時期です。

 

 

まとめると

LEDランタンは火を使わないので、小さい子供がいる場合でも火傷の心配が無く安心して使え、ガソリンや灯油などの燃料を準備したり、給油やポンピングをする手間も必要ないので、誰にでも簡単に使えます。

ジェントスはLEDライトメーカーとして評判も良く、通販サイトのレビューでも製品の評価は高いですね。また、このランタンは光の色や光量、用途に合わせた設置方法など、使い方のバリエーションも豊富でかなり便利です。

値段もお手頃(安いところでは3,500円位)なので、キャンプ初心者にもオススメのLEDランタンですよ~!

ということで、我が家でも大活躍しているLEDランタン「ジェントスSOL-036C」のレビューでした!

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です