キャンプで使いたいコーヒードリッパー3選!

先日、キャンプ好きの友人からプレゼントしてもらったkalitaのミル。

 

 

 
前に一緒に行ったキャンプでミルを使っているのを見て、「ミルいいなぁ〜欲しいなぁ〜」って言っていたのを覚えてくれていたのです。

こういう心遣いって嬉しいですよね〜
(*´꒳`*)

焙煎したコーヒー豆を買ってきて、初めてミルで豆を挽いてみました。袋から豆を出した段階から、コーヒーの香ばしい香りが広がります。

img_1874

挽きたての豆で淹れるコーヒーは、とても香りが良いです!

自分で豆を挽くという一手間が、コーヒーの旨さを倍増させている気がします。

この美味しいコーヒーをキャンプの朝に飲みたい!

でも、うちには100均で買ったプラスチックのドリッパーしか無い。

img_1922

問題なく使えるけど、これじゃあなんだか雰囲気が出ません。。。

という訳で、けいすけ的キャンプで使いたいコーヒードリッパー3選です!!

 

MUNIEQ Tetra Drip 02S

 

MUNIEQさん(@munieq.jp)が投稿した写真

img_1916
出典:MUNIEQ

 

1枚が約0.9mmのアルミ板3枚で構成されるドリッパー。写真の様にアルミ板3枚を重ねると薄いカードサイズとなり、コンパクトに収納できます。凄くスタイリッシュなデザインですよね!重量は40g。

ちなみに、ポリプロピレンタイプもあります。こちらはカラフルで可愛らしい感じですね!

 

 

 

UNIFLAME コーヒーバネット Cute

img_1920

img_1924
出典:uniflame

 

こちらは、一本のステンレスワイヤーで作られたドリッパー。アマゾンでもベストセラー1位になっている人気商品です!バネの様な形状で、押し縮める形で収納時は薄くなります。重量は46g。

 

大きさは3種類ありますが、使っている方のレビューを読んでいると、このCuteが一番使い勝手が良いみたいです。

収納ケースと2人用のペーパーフィルター10枚付属。

 

 

snowpeak フォールディングコーヒードリッパー

 

img_1925

img_1923

出典:snowpeak

 

こちらは、スノーピークの名作「焚火台」がそのまま小さくなったドリッパー。焚火台好きには堪らないモデルですね!焚火台と同じで薄く折りたためるので、コンパクトに収納可能です。焚火したくなっちゃいますね(笑)
 

自分の中での購入候補として、3つのドリッパーを紹介させていただきました。どのドリッパーもレビューでは評判が良く、甲乙つけ難いですよね!

 

みなさんはどれがお好みですか?

 

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 
feedlyとtwitterで更新情報をお知らせします!
follow us in feedly
 

あわせて読みたい